がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 転職の基礎 >> がんセンターの医師の適性

がんセンターの医師の適性

がんセンターで働く医師の適正としては、やはり第一に患者さんの命を救いたいという思いが強いことです。早期発見の意識向上や治療技術の進歩によって、がんになっても治る人が多くなったとはいえ、やはりがんが命を脅かす病気であることには変わりありません。そんながん患者ばかりが治療を受けるがんセンターですから、他の病院に比べて重篤な患者さんが多いのは確かです。そんな患者たちのために、真摯に治療に取り組めることが大切でしょう。

また、がんセンターはがんの治療を行うのはもちろん、がん治療の技術革新のための研究も行っています。がんはまだ完ぺきな治療法が確立されているわけではありませんので、その研究は常に進められており、がんによる死亡率の高い日本人にとっては非常に重要な課題のひとつです。がんセンターで働くからには、目の前のがん患者を助けるだけでなく、がんについての治療法を進歩させ、今後の治療に活かしていくといった信念も大切でしょう。がんセンターにはそれだけの知識も人材も揃っており、日本のがん治療の最前線ともいえる存在なのです。

しかし、がん治療は厳しい現場です。最先端の治療を行ってもすべてのがんが治せるわけではありませんし、精一杯の治療をしても亡くなってしまう人もいます。また、治療中も痛みや吐き気と闘いながらの治療になりますから、患者さんの辛い姿を目の当たりにすることの多い現場です。医師としても、心が痛むのは当然ですが、それでもメンタルを強く持って冷静に治療にあたることが求められます。体力的にはどうしてもハードになる職場ですから、患者さんの辛い姿にメンタルまで飲み込まれてしまうタイプの医師には向いていないかもしれません。

そして、医師として患者さんの治療を行うからにはコミュニケーション能力も必要です。患者さんは医師に命を預けるのですから、まずは患者さんの信頼を得なければなりません。しっかり話をして、痛みや身体の状態について理解できなければ適切な治療は行えませんし、患者さんも不安に感じるでしょう。また、家族にとっても病状や治療の説明をきちんとされなければ、安心して医師に任せることはできません。患者さんやその家族からの信頼を得て、スムーズに治療を行うためにはコミュニケーションは欠かせないのです。もちろん一緒に治療を行う看護師や放射線技師、薬剤師などのスタッフとの連携のためにも、コミュニケーション能力は不可欠ということになります。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.