がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 転職の基礎 >> がんセンターの医師の忙しさ

がんセンターの医師の忙しさ

がんセンターの医師は、非常に忙しい毎日を送っています。就業規定上は、週に35〜40時間の勤務で、超過勤務ありということですが、この超過時間が非常に多いのです。

外来患者の診察や、入院患者の回診のほか、手術の件数も多いですし、手術前後の患者さんへのケアも必要です。さらに家族に説明する時間を取り、医師やスタッフ間でカンファレンスを行うなど、やるべき仕事はいくらでもあります。しかも、その合間にはがんの組織や治療法についての勉強会も行われます。日中はゆっくり休憩を取るのも難しいほどの忙しさですし、そのまま残業が長引いて帰るのは夜中になるということも珍しくありません。当直と重なると、何日も病院から帰れないということもあります。医師の中には少しでも休息を取るために、近くにワンルームマンションを借りる人もいるほどです。

しかし、これだけ忙しいがんセンターの医師ですが、そこで働きたいという医師は数多くいます。がんセンターで働くということは、がん医療のスペシャリストを目指す医師にとって、それだけ魅力的だということなのです。豊富な症例と、最新鋭の設備、周囲の医師もがん治療のスペシャリストばかりなので、カンファレンスにも熱が入りますし、勉強会も有意義なものになります。もちろん現在はどんな総合病院にもがん患者はいますし、がんの治療は行われているのですが、やはりがんセンターほど多くの症例が経験できるところはありませんし、常に最新の治療を行っているので、医師としてスキルアップするには最適の環境です。

しかも、がんセンターの医師は確かに多忙ですが、一般的な総合病院に勤務する医師も負けず劣らず忙しいので、がんセンターが他の病院に比べて格段に忙しいとは言えません。忙しいながらも、治療や勉強に充実した毎日を送ることができるという点では、医師に人気が高いのも分かるでしょう。

また、もちろんがんセンターで働き続ける医師もいますが、がんセンターの医師の中には何年間かがんセンターで経験を積んで、別の病院に移る医師も少なくありません。がんセンターでは短期間にたくさんのがん治療を経験できるため、忙しくても働きたいという医師が後を絶たないのです。医師としてのスキルアップを望むのであれば、忙しくても数年間仕事に没頭することも必要なのかもしれません。がんセンターでの忙しい日々は、医師にとっては充実したやりがいのある日々になるはずです。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.