がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 転職の基礎 >> がんセンターの医師の募集数

がんセンターの医師の募集数

がんセンターの医師の採用数は決して多くはありませんが、求人は頻繁に行っています。基本的には欠員補充になるのですが、がんセンターの場合は比較的医師の入れ替わりが多いため、求人をだす機会が多くなるのです。がんセンターは他の病院に比べると給料が高いわけでもないのに仕事は忙しいので、それが理由で辞めていうと思われるかもしれませんが、実際にはがんセンターでの経験を他の病院で活かすための前向きな転職が多いです。実際、入職する段階からがんセンターで数年間経験を積んで、がん治療のスキルを磨いてから再転職することを視野に入れている人が多く、がんセンターはこういった能力の高い若手医師の育成機関としての側面もあるのです。

どのがんセンターでも、求人はホームページなどに掲載していますが、診療科ごとの求人を行っているところがほとんどです。がんセンターは、基本的には該当する診療科のがん治療経験者の採用になりますので、自分の希望する診療科の求人が出ていないか、こまめにチェックする必要があります。採用数は基本的には若干名ということですので、応募者の数や経験に合わせて1人〜数人を採用するということでしょう。

現在がんセンターは全国に十数カ所あり、そのほとんどで何らかの医師求人は行われています。しかし、それぞれの採用数が若干名であることや、募集している診療科でのがん治療経験を資格に掲げていることを考えると、自分の希望する病院の希望する診療科で求人が出るチャンスは見逃すことはできないでしょう。がん治療の面でスキルアップを目指す医師の中には、がんセンターへの転職を希望する人も多いので、求人があれば必ず採用されるというわけでもありません。

採用枠が少ないことや、人気が高いことから簡単には転職できないがんセンターですが、比較的離職率も高いので求人そのものは定期的に行われています。採用されるためには、その診療科でのがん診療の経験があった方が有利に働きますから、普段からがん診療に積極的に関わる等とともに、勉強会などに出席して知識を深めておくことも大切でしょう。自分の暮らす地域にあるがんセンターで希望の診療科の求人が出るとは限らないので、可能であれば全国のがんセンターを視野に入れて探したほうが確率は高くなります。また、がんセンターによってはレジデントとしての採用も行っているので、経験が浅い場合はレジデントになるのもよいでしょう。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.