がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 転職の基礎 >> がんセンターの医師の転職ポイント

がんセンターの医師の転職ポイント

がんセンターは、国内では最先端のがん治療を行う病院として、スキルアップを目指す医師にはかなり人気の高い施設です。そのため、競争率は高くなりますが、求人そのものはけっしてないわけではありません。むしろ、どのがんセンターのホームページを見ても、どこかの診療科での医師求人は行っている状態です。

ただし、がんセンターの医師求人は、基本的にはその診療科でのがん診療の経験者の採用となります。そのため、がんセンターに医師として転職するには、まず別の病院で経験を積む必要があるでしょう。できれば、経験を積む場としても、できるだけがん治療に力を入れている総合病院を選ぶほうが有利です。また、がんセンターの医師と話をするチャンスがあれば、どんな病院からがんセンターに転職しているのかをリサーチしておくのもよいでしょう。転職のための経験値を上げるだけでなく、がん診療の基本を学ぶという点でも経験しておくことは大切です。

また、がんセンターの医師求人は、ある程度行われているものの、やはり欠員補充が基本です。つまり、自宅近くのがんセンターへの転職を希望していた場合、自分の診療科の欠員が出ないことには転職活動も出来ないということになります。どうしてもがんセンターへの転職を希望する場合は、地域にこだわらず、引越や単身赴任も視野に入れて転職活動をすることも必要でしょう。数年間単身赴任になったとしても、がんセンターでの経験はその後の医師活動において非常にプラスになることは間違いありません。

がんセンターのような欠員補充による求人の場合は、とにかく求人情報を早く確実に得ることが大切です。せっかく自分の診療科の求人が出ているのにそれを見落としてしまっては意味がありません。がんセンターの求人は基本的にはがんセンターのホームページに掲載されるので、こまめにチェックする必要があるでしょう。とはいっても忙しい医師の業務の合間を縫って全国のがんセンターのホームページを頻繁にチェックするのは大変ですから、医師専門の人材紹介会社や、求人サイトに登録して、担当のコンサルタントにお願いしておくというのもひとつの方法です。がんセンターへの転職希望を伝え、求人があったら連絡をもらえるようにしておけば、自分で頻繁にチェックしなくても求人情報を得ることができます。医師の転職の難しい点は転職活動の時間が取れないという点ですから、コンサルタントを上手く利用するなど、効率よく進めることが大切でしょう。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.