がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 転職の基礎 >> がんセンターの医師の採用基準

がんセンターの医師の採用基準

がんセンターでは医師の募集をしていることがよくあります。その採用基準はもちろん病院によって異なりますが、基本的にはがん治療の経験がある医師を資格に設けていることが多いです。経験年数や専門まで細かくしていることはありません。もちろんこういった資格は募集の際に提示されているものですから、実際にはがん治療の経験がなくても、その診療科での経験や年齢などを考慮して採用になるケースもあります。あくまで資格は目安として考えておいたほうがよいでしょう。ただし、ほとんどのがんセンターの求人は、資格として医師免許取得後5年の臨床経験があり、がん関連の治療経験があることを条件に掲げています。経験者のほうが優遇されるのは確かでしょう。

また、がんセンターでの医師の仕事は激務です。患者さんのほとんどが命に関わるようながん治療を行っており、がん手術の数も多いがんセンターでは、日々の業務だけでも膨大な量になります。その上、勉強会なども多いため、がんセンターで医師として働くからには、ある程度プライベートを犠牲にしたり、仕事中心の生活を送るような覚悟も必要になるでしょう。それだけの激務に耐えるためにも、がん治療に対する熱意は重要です。がんを治したい、がん治療のスペシャリストになりたいという意識が高い人のほうが、採用されやすくなる傾向はあるでしょう。

がん治療は、がんやがん医療に関する知識はもちろんですが、チームワークも重要です。医師だけでなく、看護師や放射線技師、薬剤師、もちろん患者さんやその家族も一丸となって戦わなければ治すことはできません。医師は、そのチームをまとめる存在として、高いコミュニケーション能力を発揮する必要があるのです。単に、人当たりが良いだけでなく、必要に応じて的確な指示を出したり、フォローを入れることも医師の仕事です。人間関係がぎくしゃくすると、治療もスムーズにできなくなるため、チームをまとめる医師の手腕が問われます。そのため、がんセンターでもコミュニケーション能力が低い医師のほうが採用されやすくなるのです。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.