がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 転職の基礎 >> がんセンターの医師の仕事内容

がんセンターの医師の仕事内容

がんセンターで働く医師の仕事内容は、基本的には一般的な病院と違いがあるわけではありません。がんセンターは、がんに特化した治療を行うこと、さらにがん治療における研究を進めることがその役割です。研究的な側面が強くはなりますが、がん患者の治療をするという点では、医師の仕事内容は通常の病院と同じです。

ただし、がんセンターはがんの治療に特化しているだけあって、がんについての症例は膨大にあります。あらゆる部位のあらゆる種類のがん治療を行うのががんセンターの役割であり、そこで働く医師の仕事なのです。がんは現在日本人の死亡理由のトップになっており、治療によって治ったもののがんになったことがあるという人を含めると、日本人の約半分は生涯のうちにがんになるということになります。そのため、がん治療の進歩は日本人にとって非常に重要な問題となっており、医学の最先端ともいう分野になっているのです。そのがんセンターで医師として働くということは、医師にとってがん治療の経験を積み、知識を深めるという点で非常に意義があると言ってよいでしょう。

日々の業務としては、担当する診療科や手術予定の有無、外来の担当などによってその日の仕事内容は違ってきます。ただし、外来については基本的にはかかりつけ医からの診断書や紹介状を持参してもらうシステムになっているので、全く新規での患者さんは少なくなりますし、がんセンターによっては紹介状がないと診察しないという方針のところもあります。これも、がん治療に特化するためのシステムであり、外来とはいえがんの治療を行うことが基本となっているのです。

また、多くのがんセンターには、外来や通常の病棟に加えて、緩和ケア病棟も備えているため、がんの診断から手術、放射線治療、緩和ケアなど、がん治療について幅広く経験することが可能です。もちろんがん治療を行う医師の育成にも力を入れているので、勉強会も豊富ですし、研修に来る医師も少なくありません。設備についても最新のものが導入されているため、最新の医療機器を使用した治療についても学ぶことができます。がん治療の技術は、日々急速に進歩していますので、その最先端の技術をつかった治療を経験できるのは、がんセンターで働く大きなメリットといえるでしょう。実際、がんセンターでガン治療についての経験を積んだ後、他の病院へ転職してその知識と技術を活かしている医師も少なくありません。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.