がんセンター医師求人ランキング

がんセンターの医師求人なら転職サイトに登録を

がん治療の技術や経験を積みたいと考える医師の先生には、がんセンターへの転職はキャリアアップの面でも大変有益だといえます。

日本全国にがんセンターは存在していますが、より効率的に情報収集するにはリクルートドクターズキャリアに代表される医師系の転職サイトの利用がおすすめです。非公開求人は1万件以上保有しているので、がんセンターの求人を見つけられる可能性もぐっと高まります。

がんセンターの医師求人を探すならココ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートドクターズキャリアはリクルートグループによって運営されている転職支援サイトです。
医師専門の転職支援をすでに30年以上に渡って続ける圧倒的な実績とサービスの質!
・高く評価されているのが高年収の求人を多く抱えていること。年収2000万円以上の求人も!
・理想の就業環境と高年収の両方を実現!産婦人科の求人では年収3500万円の求人も!
非公開求人も1万件以上、国立病院の求人を見つけるチャンスを得られる!
・非常勤の求人も充実、17時あがりOKの内科の日勤で85000円の求人情報も!
・職場の人間関係、診療方針も事前に確認できる!コンサルタントによる充実した情報。
登録前の事前申し込みはたったの一分で可能!手軽にはじめられる充実した転職サイト!



医師転職ドットコム 完全無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社メディウェル
【当サイトがお勧めするポイント】
約4万件にも及ぶ膨大な求人数!まず情報量からして他の転職支援サイトとは違います!
・情報は質だけじゃない!厳選した好条件の情報も多数。コンサルタントが教えてくれます。
非公開求人も約1万件!他では見つけることができない魅力的な求人も多数用意されています。
専任コンサルタントのサービスも充実。求人の紹介から面接対策まで幅広くサポート。
・コンサルタントによる厳選求人はとくに好条件多数!国立病院の求人も優先して教えてくれる!
・さまざまな診療科からの求人を集めているのもポイント。産科や小児科などの求人も多数。
年収アップ率146.6%。キャリアアップ、年収アップの両方を実現できる環境があります。
・非常勤の求人も多く、ライフスタイルに合わせた就業環境を探すこともできます。



エムスリーキャリア 完全無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 運営会社
  • エムスリーキャリア株式会社
【当サイトがお勧めするポイント】
年収1800万円以上が可能な高収入の条件も多数。収入アップの希望にも応えられる!
・エムスリーグループが運営しているからこその圧倒的な情報力。国立病院の情報なども。
コンサルタントによる条件交渉力も魅力。求人内容や年収の交渉を代行してくれる!
・他にも面接対策、履歴書・職務経歴書の作成、面接への同行などもコンサルタントが行います。
・関東・関西・東海エリアに絞ったサービス。関東の約40%の病院の求人情報を保有!
・好条件の求人を優先的に回してくれます。よい求人はすぐに応募が殺到するので有利です。
・独自調査による職場の内部事情を教えてくれる!職場の雰囲気や人間関係も知ることができます。
利用者は20万人以上。これまで多くの医師の転職を成功に導いてきたサービスの質の高さ!



MCドクターズネット 完全無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社メディカル・コンシェルジュ
【当サイトがお勧めするポイント】
医療介護の求人情報を幅広く取り扱っているMCドクターズネットの医師の転職支援サービス!
・ライフスタイルに合わせた求人も見つけられる!当直なしの求人も多数取り揃えています。
・多彩なコンテンツも魅力。医師の転職事例や適正診断などが転職活動に役立ちます。
・コンサルタントによるサポートの充実もポイント。マンツーマンでのサポートが受けられます。
求人の8〜9割が非公開。豊富な案件の中から好条件や国立病院など珍しい求人も見つけられる!
コンサルタントは病院との条件交渉の代行も。よりよい条件で転職が実現できる!
・高収入の求人、若手医師向けの求人など条件に合わせた特集もサイトで見ることができます。



JMC 完全無料 全国 日本メディカルコネクション株式会社 詳細
  • 第5位
  • サービス名
  • JMC
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 運営会社
  • 日本メディカルコネクション株式会社
【当サイトがお勧めするポイント】
・JMCを利用した医師の多くが年収アップに成功。国立病院の求人も探せます!
・エージェントによる迅速な対応。すぐに転職したい人にも納得の好条件を素早く提示!
・医療機関との信頼関係を持つエージェントによる情報収集、交渉力で転職を有利に運べる!
・エージェントは面接の同行も。その場で条件交渉などを行ってくれる心強い味方に!
・入職後のトラブルを避けるため、雇用契約書の作成などの対策をしっかり行ってくれる!
医療業界一筋にコンサルタント業務を続けてきた実績。だからこその質の高さが魅力です。
・離職率は非常に低い。好条件の求人だけでなく、働きやすい職場探しにも長けています。
しかも転職の多くは常勤でのもの。離職率が低く、安定した環境に転職することができます



がんセンターの医師の募集数は?

がんセンターの医師の採用数は決して多くはありませんが、求人は頻繁に行っています。基本的には欠員補充になるのですが、がんセンターの場合は比較的医師の入れ替わりが多いため、求人をだす機会が多くなるのです。がんセンターは他の病院に比べると給料が高いわけでもないのに仕事は忙しいので、それが理由で辞めていうと思われるかもしれませんが、実際にはがんセンターでの経験を他の病院で活かすための前向きな転職が多いです。実際、入職する段階からがんセンターで数年間経験を積んで、がん治療のスキルを磨いてから再転職することを視野に入れている人が多く、がんセンターはこういった能力の高い若手医師の育成機関としての側面もあるのです。

どのがんセンターでも、求人はホームページなどに掲載していますが、診療科ごとの求人を行っているところがほとんどです。がんセンターは、基本的には該当する診療科のがん治療経験者の採用になりますので、自分の希望する診療科の求人が出ていないか、こまめにチェックする必要があります。採用数は基本的には若干名ということですので、応募者の数や経験に合わせて1人〜数人を採用するということでしょう。

現在がんセンターは全国に十数カ所あり、そのほとんどで何らかの医師求人は行われています。しかし、それぞれの採用数が若干名であることや、募集している診療科でのがん治療経験を資格に掲げていることを考えると、自分の希望する病院の希望する診療科で求人が出るチャンスは見逃すことはできないでしょう。がん治療の面でスキルアップを目指す医師の中には、がんセンターへの転職を希望する人も多いので、求人があれば必ず採用されるというわけでもありません。

採用枠が少ないことや、人気が高いことから簡単には転職できないがんセンターですが、比較的離職率も高いので求人そのものは定期的に行われています。採用されるためには、その診療科でのがん診療の経験があった方が有利に働きますから、普段からがん診療に積極的に関わる等とともに、勉強会などに出席して知識を深めておくことも大切でしょう。自分の暮らす地域にあるがんセンターで希望の診療科の求人が出るとは限らないので、可能であれば全国のがんセンターを視野に入れて探したほうが確率は高くなります。また、がんセンターによってはレジデントとしての採用も行っているので、経験が浅い場合はレジデントになるのもよいでしょう。

がんセンターの医師の採用基準は?

がんセンターでは医師の募集をしていることがよくあります。その採用基準はもちろん病院によって異なりますが、基本的にはがん治療の経験がある医師を資格に設けていることが多いです。経験年数や専門まで細かくしていることはありません。もちろんこういった資格は募集の際に提示されているものですから、実際にはがん治療の経験がなくても、その診療科での経験や年齢などを考慮して採用になるケースもあります。あくまで資格は目安として考えておいたほうがよいでしょう。ただし、ほとんどのがんセンターの求人は、資格として医師免許取得後5年の臨床経験があり、がん関連の治療経験があることを条件に掲げています。経験者のほうが優遇されるのは確かでしょう。

また、がんセンターでの医師の仕事は激務です。患者さんのほとんどが命に関わるようながん治療を行っており、がん手術の数も多いがんセンターでは、日々の業務だけでも膨大な量になります。その上、勉強会なども多いため、がんセンターで医師として働くからには、ある程度プライベートを犠牲にしたり、仕事中心の生活を送るような覚悟も必要になるでしょう。それだけの激務に耐えるためにも、がん治療に対する熱意は重要です。がんを治したい、がん治療のスペシャリストになりたいという意識が高い人のほうが、採用されやすくなる傾向はあるでしょう。

がん治療は、がんやがん医療に関する知識はもちろんですが、チームワークも重要です。医師だけでなく、看護師や放射線技師、薬剤師、もちろん患者さんやその家族も一丸となって戦わなければ治すことはできません。医師は、そのチームをまとめる存在として、高いコミュニケーション能力を発揮する必要があるのです。単に、人当たりが良いだけでなく、必要に応じて的確な指示を出したり、フォローを入れることも医師の仕事です。人間関係がぎくしゃくすると、治療もスムーズにできなくなるため、チームをまとめる医師の手腕が問われます。そのため、がんセンターでもコミュニケーション能力が低い医師のほうが採用されやすくなるのです。

がんセンターの医師の転職ポイントは?

がんセンターは、国内では最先端のがん治療を行う病院として、スキルアップを目指す医師にはかなり人気の高い施設です。そのため、競争率は高くなりますが、求人そのものはけっしてないわけではありません。むしろ、どのがんセンターのホームページを見ても、どこかの診療科での医師求人は行っている状態です。

ただし、がんセンターの医師求人は、基本的にはその診療科でのがん診療の経験者の採用となります。そのため、がんセンターに医師として転職するには、まず別の病院で経験を積む必要があるでしょう。できれば、経験を積む場としても、できるだけがん治療に力を入れている総合病院を選ぶほうが有利です。また、がんセンターの医師と話をするチャンスがあれば、どんな病院からがんセンターに転職しているのかをリサーチしておくのもよいでしょう。転職のための経験値を上げるだけでなく、がん診療の基本を学ぶという点でも経験しておくことは大切です。

また、がんセンターの医師求人は、ある程度行われているものの、やはり欠員補充が基本です。つまり、自宅近くのがんセンターへの転職を希望していた場合、自分の診療科の欠員が出ないことには転職活動も出来ないということになります。どうしてもがんセンターへの転職を希望する場合は、地域にこだわらず、引越や単身赴任も視野に入れて転職活動をすることも必要でしょう。数年間単身赴任になったとしても、がんセンターでの経験はその後の医師活動において非常にプラスになることは間違いありません。

がんセンターのような欠員補充による求人の場合は、とにかく求人情報を早く確実に得ることが大切です。せっかく自分の診療科の求人が出ているのにそれを見落としてしまっては意味がありません。がんセンターの求人は基本的にはがんセンターのホームページに掲載されるので、こまめにチェックする必要があるでしょう。とはいっても忙しい医師の業務の合間を縫って全国のがんセンターのホームページを頻繁にチェックするのは大変ですから、医師専門の人材紹介会社や、求人サイトに登録して、担当のコンサルタントにお願いしておくというのもひとつの方法です。がんセンターへの転職希望を伝え、求人があったら連絡をもらえるようにしておけば、自分で頻繁にチェックしなくても求人情報を得ることができます。医師の転職の難しい点は転職活動の時間が取れないという点ですから、コンサルタントを上手く利用するなど、効率よく進めることが大切でしょう。


Copyright (C) 2013-2018 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.