がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 国立がんセンター >> 国立がん研究センター中央病院

国立がん研究センター中央病院の医師求人

国立がん研究センターは東京都中央区築地にある医療機関です。国立と名づけられていますが、正確には独立行政法人によって運営されています。その名の通りがんに関する治療や研究を行っており、優れた技術や設備はもちろんのこと、総合的な医療を行うための組織やチームといった環境の整備、あるいは患者本位の治療理念なども充実させているのが特徴です。

診療科もがんセンターならではの内容となっているのが特徴です。脳脊髄腫瘍科、骨軟部腫瘍科・リハビリテーション科、眼腫瘍科、皮膚腫瘍科、頭頚部腫瘍科、血液腫瘍科、形成外科、造血幹細胞移植科、乳腺外科、輸血療法科、乳腺・腫瘍内科、小児腫瘍科、呼吸器外科、総合内科、歯科、がん救急科、呼吸器内科、食道外科、胃外科、大腸外科、麻酔・集中治療科、消化器管内科、緩和医療科、精神腫瘍科、放射線診断科、放射線治療科、消化器内視鏡・呼吸器内視鏡、肝胆膵外科、肝胆膵内科、泌尿器・後腹膜腫瘍科、婦人腫瘍科、病理科、臨床検査科と、がん関連の診療科だけでも非常に細かく分類されています。医師はそれぞれの分野のスペシャリストとして活躍しつつ、必要に応じて診療科をまたいた医師同士の連携が求められることになります。

なお他にも特殊な部門の外来も設置されており、家族ケア外来、グリオーマ外来、サルコーマ外来などがあります。

このような体制にある国立がん研究センター中央病院のため、医師の求人も各診療科ごとに行われています。求人情報をチェックする場合には自分の診療科目、あるいはキャリアを追求していきたい分野をあらかじめ決めておく必要がありそうです。

なお、募集は欠員が生じたときに行われるのが一般的で、募集が行われている間は随時応募が可能です。雇用形態は常勤のほか、任期が決められた形の常勤もありますから、気になる場合にはあらかじめ詳細を確認しておくとよいでしょう。また、専門的な知識が求められる分野ということもあり、一定のキャリアや実績が求められる場合もあります。条件は診療科や職務内容によっても異なりますが、医師免許取得後10年以上のキャリアが求められることも少なくないため注意しておきたいところ。募集の機会は比較的多いものの、採用のためのハードルが高い点がこの病院の医師求人の特徴といえそうです。

がん治療のスペシャリストになるために相応しい環境となっている国立がん研究センター中央病院。がん治療の最前線で一定のキャリアを積んできた人におすすめの職場となるでしょう。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.