がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 国立がんセンター >> 国立病院機構中国がんセンター

国立病院機構中国がんセンターの医師求人

国立病院機構中国がんセンターは広島県呉市青山町にある医療機関です。病床数は700床、一般病床は650床、精神病床が50床の内訳。一般病床のうち救急究明センターが30床、NICUが6床、緩和ケアが19床。規模も大きく、充実した施設を誇る病院です。

中国地方におけるがん治療の拠点となっているのはもちろん、地域医療の中心としての役割も持っています。地域医療支援病院、母子医療センター、がんの基幹医療施設、臓器提供施設、第3次救命救急センター、高度総合医療施設、防災拠点国立病院、エイズ治療拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、地域医療研修センター、専門医療施設などの面も備えています。

診療科は総合内科、腎臓内科、内分泌・糖尿病内科、血液内科、呼吸器内科、呼吸器外科、循環器内科、心臓血管外科、呉心臓センター、神経内科、脳神経外科、整形外科、呉人工関節センター、リハビリテーション科、泌尿器科、産科、婦人科、精神科(心療内科)、眼科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、形成外科、外科(消化器外科)、消化器内科、乳腺外科、小児科、小児外科、歯科・口腔外科、放射線診断科、放射線腫瘍科、救命救急センター、緩和ケア科、病理診断科。非常に多くの診療科を擁していることが窺えます。それぞれの診療科では医師が高いレベルの環境の中で活躍しており、また患者の病状に応じて診療科をまたいだ連携も積極的に行われています。ここで働く医師には治療技術だけでなく、他の医師やスタッフと協力し合う協調性やコミュニケーション能力も必要となるでしょう。

ではそんな国立病院機構中国がんセンターの医師の求人動向を見てみましょう。この病院では医師の募集を積極的に行っており、多くが常勤職員での募集となっています。ただ募集は各診療科ごと、それも募集人数が少ないため目当ての診療科からの募集があった場合にはできるだけ早く申し込むようにしましょう。病院のホームページのチェックはもちろんのこと、求人サイトでの情報収集もおすすめ。メールなどで求人動向を教えてもらえるようなサービスを利用するとチャンスを活かしやすいでしょう。リクルートドクターズキャリアあたりを利用してみてはいかがでしょうか。

なお、この病院の医師採用では一定の経験を求めています。具体的な条件は各診療科によって異なりますが、卒後5年以上が目安となります。ある程度実績に自信がある人が応募できる環境ともいえるでしょう。それだけ高いレベルが求められており、やりがいのある職場となりそうです。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.