がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 国立がんセンター >> 国立がん研究センター東病院

国立がん研究センター東病院の医師求人

国立がん研究センター東病院は3施設ある独立行政法人国立がん研究センターのひとつで、千葉県柏市柏の葉にあります。「世界最高の医療と研究を行う」「患者目線で政策立案を行う」を理念として掲げており、まさに国内のがん治療・研究の最先端を行く環境となっています。ここで働く医師もみながん治療のスペシャリストといってよいでしょう。医師にとってはハードルの高い環境であるとともに働き甲斐があり、キャリアを築いていく環境としても理想的な場となるでしょう。

がん研究センターらしく、おもにがん治療に関わる細かな診療科が設置されています。頭頚部外科、消化管内視鏡科、頭頚部内科、放射線診断科、放射線治療科、形成外科、消化管内科、緩和医療科、肝胆膵内科、精神腫瘍科、食道外、麻酔・集中治療科、上腹部外科(肝胆膵外科/胃外科)、脳神経外科、大腸外科、皮膚科、呼吸器内科、婦人科、呼吸器外科、骨軟部腫瘍・リハビリテーション科、乳腺・腫瘍内科、歯科、乳腺外科、眼科、化学療法科、プロジェクト外来、泌尿器・後腹膜腫瘍科、小児腫瘍科、血液腫瘍科。これらの診療科からもわかるように、じつに幅広い部位、部門でがん治療・研究が行われています。

ではそんな国立がんセンター東病院の医師の求人動向を見てみましょう。求人は各診療科ごとに行われています。特徴としては任期つきの常勤の形で募集しているケースが多く見られること。常勤としての待遇を受けるものの、契約期間が限られているわけです。なお、定年は原則として65歳に定められています。任期に関しては1年が多く、勤務状態によって1年ごとに更新が行われます。さらに採用日から6ヵ月間を試用期間として設けることも多いようです。

求人のポイントとしてはその診療科、部門における実績を有していること。たとえば標榜医以上の認定を有していることなどの条件が貸されます。また、がん治療では診療科を超えた連携が重要になってきます。それも踏まえてコミュニケーション能力や連携能力も問われるようです。

募集が行われている間は随時応募が可能。若干名の募集が多いですから、機会を逃さないよう日ごろから情報を確認しておく習慣をつけておきたいところ。病院のホームページはもちろんのこと、求人サイトなども積極的に活用したいですね。リクルートドクターズキャリアなどがおすすめです。最先端のがん治療に携わる国立がん研究センター東病院。患者の治療はもちろん、広くがん治療そのものに貢献できる職場となるでしょう。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.