がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 国立がんセンター >> 国立病院機構九州がんセンター

国立病院機構九州がんセンターの医師求人

国立病院機構九州がんセンターは福岡県福岡市南区野多目にある医療機関です。その名の通り国立病院機構によって運営されているがんセンターです。九州地方のがん治療の拠点となっているだけでなく、先進的な研究や人材の育成、情報発信なども積極的に行い、わが国におけるがん治療・研究の中心的な役割も担っています。都道府県がん診療連携拠点病院にもなっています。

そのほか、労災保険指定取扱期間、結核予防法指定医療機関、生活保護法指定医療機関、被爆者一般疾病医療機関、更正医療指定医療機関、育成医療指定医療機関、母子保護法指定医療機関、小児慢性医療指定医療機関などの指定も受けています。これらを見てもわかるように、地域医療の拠点、幅広い人々のニーズに答えられる医療機関としての一面も備えています。働く医師も単に先進の医療を提供するだけでなく、細かなニーズに応える柔軟性が求められています。

診療科は消化器外科、血液内科、麻酔科、呼吸器腫瘍科、小児科、画像診断科、婦人科、消化器・肝胆膵内科、頭頚科、消化管・腫瘍内科、放射線治療科、乳腺科、消化管・内視鏡科、病理診断科、泌尿器科、サイコオンコロジー科、臨床検査科、整形外科、循環器科、リハビリテーション科、形成外科、緩和治療科、歯科口腔外。がんセンターならではの診療科が多く、がん治療の拠点であることがここからも窺えまずか、他にも幅広い分野で診療を行っていることがわかります。

では国立病院機構九州がんセンターにおける医師の求人動向はどのようになっているのでしょうか。この病院では人材の育成を重視した環境を整えており、臨床研修を積極的に行っています。そのため求人も経験のある医師よりもがん専門修練医(フェロー)を積極的に募集する傾向が見られます。初期臨床研修、レジデントを経た医師が九州がんセンターで2年間のがん専門の修練を積み、その後専門医のスタッフとして採用されるシステムです。このシステムはほぼすべての診療科で導入されており、それぞれの独自の修練内容のもとで学んでいくことになります。また、レジデント(後期臨床研修医)の募集も併せて行っています。

このように、国立病院機構九州がんセンターの医師求人では中途採用の募集が少なく、希望する人にとってはなかなか難しい面がありそうです。病院のホームページだけでなく、求人サイトの情報も積極的に利用してこまめに情報収集を行っていく必要がありそうです。逆にこれからがん専門医としてのキャリアをスタートさせたい人にとっては魅力的な環境が用意されているとも言えます。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.