がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 公立がんセンター >> 群馬県立がんセンター

群馬県立がんセンターの医師求人

群馬県立がんセンターは群馬県太田市高林西町にある医療機関です。創立は昭和30年、もともとは結核予防のために建てられた病院でした。現在の形となったのは平成10年、群馬県のがん対策の中心的役割を担うべく再スタートを切りました。がん治療はもちろんのこと、専門医の育成や地域医療の拠点としての役割など、幅広く群馬県内の医療に貢献しています。基本理念は「私たちは、患者さんの意思を尊重するとともに地域と連携し、高度のがん医療を提供します」。

診療科は消化器内科、血液内科、呼吸器内科、消化器外科、乳腺科、呼吸器外科、婦人科、歯科口腔外科、頭頚科、麻酔科、泌尿器科、放射線科、形成外科。そのほかに放射線課、内視鏡センター、がん遺伝カウンセリング外来なども設置されています。

広くがん治療に関する相談業務や地域医療との連携にも力を注いでおり、総合相談支援センターではセカンドオピニオンを含めたがんの関する相談業務、あるいは地域の医療機関と連携したうえでの適切な医療の提案・提供なども行っています。医師もあくまで患者本位のもとで治療を行うことが求められるわけです。

そんな群馬県立がんセンターにおける医師の求人動向はどのようになっているのでしょうか。病院のホームページでも医師の募集をよく見かけることができます。募集は各診療科目ごとに行われているため、まず自分が働きたい診療科の募集があるかどうかをチェックする必要がありそうです。また、求人サイトもチェックし、より広い情報網を確保しておくことも必要でしょう。募集の多くは若干名、あるいは1名のみの場合が多く、油断しているとすぐに埋まってしまう可能性があるからです。

なお、募集には一定の条件が課せられていることが多く、だいたい5年以上の臨床経験が求められています。この辺は診療科ごとに異なるためよくチェックしておくとよいでしょう。採用された場合には県職員、つまり地方公務員としての身分が得られます。給与は群馬県給与条例に基づいて支給されるほか、宿日直手当や超過勤務手当、扶養手当、住居手当などの支給を受けることができます。

地方公務員の身分に魅力を感じる医師も多いでしょう。もちろん、がん治療の最先端で活躍できる環境も魅力。安定した就業環境で専門的なスキルとキャリアを積み重ねていくことができる、そんな魅力あふれる職場といえそうです。この病院への就職・転職を希望している人はこまめに求人情報を確認し、望む環境での募集がかけられた場合にはすぐに応募するよう心がけましょう。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.