がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 公立がんセンター >> 兵庫県立がんセンター

兵庫県立がんセンターの医師求人

兵庫県立がんセンターは兵庫県明石市北王子町にある医療機関です。都道府県がん診療連携拠点病院の指定を受けています。創立は昭和37年、財団法人兵庫県がんセンターの付属病院としてスタートしました。昭和46年に兵庫県立病院がんセンターとして再スタート、昭和59年には兵庫県立病院がんセンターが廃止され県立成人病センターに。平成19年に都道府県がん診療連携拠点病院の指定を受け、同年に現在の名称に変更されました。平成25年には新たにリハビリテーション科を設置するなど、現在でもよりよいがん治療を行うための環境整備が続けられています。

診療科は消化器内科、血液内科、呼吸器外科、乳腺外科、泌尿器科、放射線診断科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、呼吸器内科、腫瘍内科、整形外科、脳神経外科、婦人科、放射線治療科、緩和ケア内科、循環器内科、消化器外科、形成外科、皮膚科、頭頚部外科、麻酔科、病理診断科。

学会による施設認定も数多く受けており、厚生労働省による臨床研修病院をはじめ、日本内科学会による教育関連病院、日本臨床主要学会による認定研修施設、日本外科学会による専門医制度修練施設など、専門的なスキルを備えた医師を育成する場としての面も備えています。これからがん治療のスペシャリストとしてキャリアを重ねていきたいと考えている若手医師にとっては恵まれた環境といえるでしょう。

ではそんな兵庫県立がんセンターの医師の求人はどのような環境となっているのでしょうか。この病院ではさまざまな形で医師の募集を行っています。まず常勤の医師。募集は各診療科ごとに異なっており、募集の有無も含めて病院のホームページや求人サイトで詳細をチェックしていく必要があります。なお、すべての診療科において応募資格が設けられており、医師免許を取得し、採用される時点で免許取得後5年以上の経験が求められます。

それから専攻医。こちらも各診療科ごとに募集が行われています。こちら共通した応募資格が設けられており、採用時において卒後2年間の臨床研修を修了し、医師免許取得後3〜5年の経験を積んでいることが前提条件となります。そのほかにはフェローの補充も行っています。

兵庫県立がんセンターで働くためには一定のキャリアを重ねていることが求められますが、その分レベルの高い環境で働くことができるでしょう。これからがんの治療に携わっていきたいと考えている医師から、すでに専門医としてのキャリアを積み重ねている医師まで幅広く働ける職場といえそうです。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.