がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 公立がんセンター >> 神奈川県立がんセンター

神奈川県立がんセンターの医師求人

神奈川県立がんセンターは神奈川県横浜市旭区中尾にある医療機関です。設立は昭和38年。当初は成人病センターとしての役割でした。しかもその後の医療の高度化などに合わせて昭和61年に現在のがん治療のセンターとして再編されました。その後緩和ケア病棟の設置など規模の拡大や設備の充実を図りながら現在に至っています。神奈川県におけるがん治療の中核をなす病院といってもよいでしょう。実際、都道府県がん診療連携拠点病院としての指定も受けています。

診療科は消化器内科、消化器外科、呼吸内科、呼吸器外科、乳腺内分泌外科、婦人科、泌尿器科、骨軟部腫瘍外科、頭頚部外科、脳神経外科、皮膚科、形成外科、腫瘍内科、血液内科、放射線腫瘍科。これらの診療科目でほぼ全身のがんに対する治療が可能となっています。もちろん、発生した部位、あるいは転移の状況に合わせて診療科をまたいだ治療も行われています。

さらに治療をサポートするための診療部門も充実しています。病理診断科、放射線診断科、核医学科、循環器科、麻酔科、循環器内科、麻酔科、ICU科、輸血医療科、緩和ケア内科、神経内科、精神科、眼科、歯科口腔外科、漢方外来、禁煙外来。これらの部門、診療科も関わりつつ、がんだけに限らず幅広い病気に対する治療を行っているのです。

そんな神奈川県立がんセンターでは医師の募集も不定期ながら行っています。おもに欠員が生じた場合に募集をかける形となっているため、いつ求人情報が掲載されるかわからず、また募集人数も少ない状況です。そのためいかにこまめに情報収集ができるかがポイントとなるでしょう。病院のホームページをこまめにチェックすることはもちろん、医師向けの求人サイトなどより利便性の高い情報源もうまく活用することが求められそうです。なお、募集は各診療科・部門ごとに行われるため、特定の部門での就職目指す場合にはさらにハードルが高くなるでしょう。

なお、神奈川県立がんセンターではレジデントも募集しています。医師免許を持ち、後期研修を一年以上修了した医師を対象としており、採用された場合には任期付きの常勤医師として扱われます。このレジデント制度によってがん診療に携わる専門医を育成するのが目的。これからがん専門医としてのキャリアを追求していきたいと願っている若手医師にとっては見逃せない制度といえるのではないでしょうか。

臨床研究も行われており、がん治療のみならず研究の拠点としても重要な役割を担っている神奈川県立がんセンター。がん治療・研究と深く関わっていきたいと考えている医師におすすめの医療機関となりそうです。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.