がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 公立がんセンター >> 新潟県立がんセンター新潟病院

新潟県立がんセンター新潟病院の医師求人

新潟県新潟市中央区川岸町にある新潟県立がんセンター新潟病院はその名称からも推測できるように、宮城県、ひいては北陸地方におけるがん治療の中枢として活躍している病院です。創立は昭和25年。もともとは性病の治療と予防を目的として設立されており、当初は内科と性病科の診療科で成り立っていました。その後昭和33年に新潟県でがん対策推進委員会が設置され、その活動の一環としてがん治療の総合センターを設立することになった際にこの病院ががんセンターとして新たに再スタート切ることになりました。それが昭和36年、その時は県立ガンセンター新潟病院でした。そして昭和62年に現在の名称に変更されています。基本理念は「県民をはじめとするすべての患者さんに、最善のがん医療を提供します」です。

厚生労働省がん診療連携拠点病院の指定を受けているほか、厚生労働省臨床修練指定病院、日本呼吸器学会認定施設、日本臨床腫瘍学会認定研修施設など多くの学会からの指定を受けています。治療の拠点としての面はもちろんのこと、がん専門医の育成の場としての機能も備えています。

診療科は消化器内科、呼吸器内科、血液・化学療法内科、内分泌内科、循環器内科、消化器外科、乳腺外科、呼吸器外科、整形外科、婦人科、泌尿器科、放射線診断科、放射線治療科、小児科、麻酔科、頭頚部外科、眼科、皮膚科、神経内科、脳神経外科、緩和ケア科、病理診断科、口腔外科、精神科、女性外来、禁煙外来。がん治療に関わる診療科はもちろんのこと、精神科や女性外来など幅広い分野を取り扱っています。そして必要に応じてこれらの診療科が連携して治療に当たっているのです。それぞれの診療科で働く医師には自分の分野における専門地域はもちろんのこと、他の分野との連携もうまくこなせる能力が求められています。

がん治療では医師の専門的な地域がとくに求められるわけですが、新潟県立がんセンター新潟病院では医師の募集はどのようにして行われているのでしょうか。一般の求人の形で募集することは少ないようで、後期研修医、専門研修医の募集を重視して行っている傾向が見られます。医師の教育にも力を入れている病院ですから、若手医師を育てたうえで専門スタッフとして迎え入れる形を重視しているのかもしれません。後期研修医と専門研修医の募集はそれぞれ診療科ごとに行っているため、希望する分野の募集が行われているかどうかを事前にチェックしておくことが大事です。もちろん、研修内容の確認も忘れてはなりません。

このように、新潟県立がんセンター新潟病院はこれからがん専門医を目指す若手医師に門戸を開いた病院ともいえそうです。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.