がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 公立がんセンター >> 静岡県立静岡がんセンター

静岡県立静岡がんセンターの医師求人

静岡県立静岡がんセンターは静岡県駿東郡長泉町にある県立の医療機関です。創立は2002年、現在静岡県が推し進めている「富士山麓先端健康産業集積プロジェクト」ファルマバレー構想の中核をなしている病院でもあります。特徴としては地方公営営業法の適応を受けており、地方独立行政法人静岡県立病院機構の運営ではない点です。なお、2013年4月には特定機能病院として承認されています。がんセンターとして静岡県民のがん治療に携われるほか、先進的ながん研究、さらに広く県民の健康を担う医療機関として役立っています。

診療科は脳神経外科、頭頚科、呼吸器外科、食道外科、胃外科、腹膜播種科、大腸外科、肝・胆・膵外科、乳腺外科、婦人科、泌尿器科、眼科、皮膚科、形成外科、整形外科、歯科口腔外科、消化器内科、女性内科、呼吸器内科、原発不明科、血液・幹細胞移植科、小児科、腎・内分泌・代謝科、緩和医療科、循環器科、感染症科、リハビリテーション科、精神腫瘍科、神経内科、麻酔科、集中治療科、内視鏡科、画像診断科、放射線治療科、陽子線治療科、病理診断科。

この病院のポイントとして挙げられるのが陽子線治療。これは放射線治療の一種で、がん細胞に陽子線を照射することによって優れた治療効果をもたらす方法です。通常放射線治療に使用されるエックス線やガンマ線に比べて体の内部への透過力が大きい、浸透する深さを容易に調節できるといったメリットがあります。患者にとって負担が少ない治療方法になることはもちろん、医師にとっては他の医療機関では経験できない治療に携われるよい機会ともなります。

なお、この病院には数多くの専門医が在籍しており、高いレベルでの医療が行われています。スキルアップ、キャリアアップを目指す舞台としても魅力的な環境となるでしょう。

ではそんな静岡県立静岡がんセンターの医師の求人動向を見てみましょう。現在もなお規模を拡大させている途中ということもあり、医師の募集も積極的に行っているようです。募集は各診療科目ごとに行われており、それぞれ応募条件が設定されています。医師免許取得から3年程度のキャリアが求められることが多いようです。採用された場合には静岡県職員として地方公務員の身分が付与されます。給与は静岡県給与条例に基づき、経験年数に基づいて決定されます。がん治療の最前線、そして県民の健康とも直接向き合うこの病院の環境は医師としてのキャリアを積む絶好の環境となってくれるのではないでしょうか。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.