がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 公立がんセンター >> 栃木県立がんセンター

栃木県立がんセンターの医師求人

栃木県立がんセンターは栃木県宇都宮市陽南にある医療期間です。がんによる死者が増加している現代社会においてがん治療の拠点としてますます重要性を増している状況です。創立は昭和46年、当初は「がん検診センター」でした。その後健診から治療まで一貫して行うことができる施設として昭和61年に「県立がんセンター」となり、平成14年には規模を大幅拡大した現在の形となっています。

このように経緯を経ているため、都道府県がん診療連携拠点病院としての指定を受けているのはもちろん、他にも国や県、学会からさまざまな指定を受けています。厚生労働省臨床修練指定病院、日本医療機能評価機構認定病院、日本内科学会、日本血液学会、日本放射線腫瘍学会、日本乳癌学会など。

また、栃木県によるがん対策推進計画の拠点としての一面も持っており、がん情報・相談支援センターやがんセンター医療連携記念講演会などの取り組みも積極的に行っています。この病院で働く医師はこうしたがん撲滅のための取り組みにも積極的に関わることになります。

診療科は呼吸器内科、血液内科、腫瘍内科、呼吸器外科、食道外科、胃外科、肝・胆・膵外科、大腸外科、乳腺外科、頭頚科、泌尿器科、婦人科、骨軟部腫瘍科、形成外科、消化器内視鏡、IVR、画像診断部、放射線治療部、緩和医療部、麻酔科、心療内科、がん予防・遺伝カウンセリング外来、病理診断科、疫学研究室。幅広い分野を取り扱っているほか、がんセンターならではの診療科が多いのも特徴です。医師はそれぞれの分野に相応しい専門的な知識を求められる一方、他の診療科と連携しながら治療を行っていく幅広い知識や協調性も求められることになります。

そんな栃木県立がんセンターでは医師の募集も積極的に行っています。病院のホームページだけでなく、求人サイトからでも情報を入手することが可能です。リクルートドクターズキャリアでは病院の詳細なども掲載されているのでおすすめです。募集は各診療科ごとに行われており、それぞれ募集人数や応募条件が異なってきますが、人数は若干名、条件は一定期間の臨床経験が求められるのが一般的。臨床経験は2〜5年程度。自分が条件を満たしているかどうかをあらかじめ確認しておくことが必須です。採用によって栃木県職員としての身分が与えられるほか、給料も栃木県給与条例・規則に基づいて決定されます。

栃木県のがん対策の拠点であり、県民の健康を守る役割も担っている栃木県立がんセンター。県民と身近に接しつつ高度な医療に携わることができるやりがいのある環境といえるでしょう。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.