がんセンター医師求人ランキング

がんセンター医師求人TOP >> 公立がんセンター >> 山形県立がん・生活習慣病センター

山形県立がん・生活習慣病センターの医師求人

山形県立がん・生活習慣病センターは山形県山形市大字青柳にある医療機関です。「県民の健康を生命を支える安心と信頼の医療」を基本理念に掲げています。病床数は660床。その歴史は古く、明治30年に陸軍によって創立された病院をルートとしています。戦後の昭和20年12月に国立山形病院として再スタート、昭和28年には山形県立山形病院として開院、現在の名称になったのは平成15年。

その名称からも窺えるように、がん治療のほか生活習慣病の治療も広く行っています。国・県・各学会からの指定も多く、災害拠点病院、労災指定病院、へき地医療拠点病院、救急告知病院、都道府県がん診療連携拠点病院、日本がん治療認定医機構認定研修施設などの指定があります。

診療科目は内科、心療内科、精神科、神経内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、歯科口腔外科、麻酔科、救急科、緩和医療科の全24科目。

また、がん、生活習慣病は早期発見、治療が非常に重要。それだけに人間ドックや地域医療部も充実させています。地域医療部では地域の医療機関と連携することで患者の日ごろの健康状態をより詳しく把握し、疾患の早期発見、適切な治療を行う環境づくりを目指しています。医師も広い視野に立ったうえで患者一人一人に合わせた診療を行っていくことが求められます。

ではそんな山形県立がん・生活習慣病センターの医師の求人動向はどのようになっているのでしょうか。まず救急医の募集を積極的に行っています。これは救急科に所属し、救急医療の際にヘリコプターに搭乗して患者のもとへと赴く医師のことです。とくに経験者である必要はなく、病院での養成を受けた上で仕事に就くことができます。

それから研修医の募集。この病院では臨床研修も積極的に行っており、がん治療をはじめとした専門医を目指す若手医師や医学生へ広く門戸を開いています。募集は各診療科ごとに行っており、詳しい内容は病院のホームページで募集要項をチェックしてみるとよいでしょう。

なお、中途採用の医師の募集はあまり行われておらず、この病院への就職を目指す人にとっては少々ハードルが高い環境にあるといえるかもしれません。求人サイトなどもうまく活用しつつ募集がかかるのを待つようにするとよい情報をより早く入手することができるはずです。すでにキャリアを重ねた専門医にしろ、これからキャリアを重ねていく若手医師にしろ、がん治療の専門家を目指すうえで恵まれた環境にある病院といえそうです。




Copyright (C) 2013-2017 がんセンター医師求人ランキング All Rights Reserved.